« 自宅学習のために(テレビスクールとちぎ)2 | メイン | 子供たちの安心・安全のために »

2020年5月20日 (水)

版画の遠隔教室について

 本校の3年生が参加して行っている版画の遠隔教室(体験教室)が、下野新聞や読売新聞などに掲載をいただきました。

 この取り組みは、足利地域おこし隊である秋山先生が講師となり、休校中にプリント学習が中心となりがちであった学習課題を、想像する楽しさや創作する喜びなどを味合わせるとともに図画工作の教科指導の目的を達成させる活動です。

 活動の手順として、秋山先生からの塩ビ板と釘、説明書を担任が預かる。担任は、登校日に子供たちに渡す。子供たちは、自宅でゆっくりとおもいおもいの絵を塩ビ板に描く。出来上がった絵を郵送又、学校経由で秋山先生に送る。秋山先生が版画にして、作品が完成する。学校再開後に秋山先生から子供たちに手渡しをする。・・・と言う流れになっています。

 今後も子供たち一人一人が、各教科の指導内容をしっかりと身につけれれるように、毛南小独自の方法で取り組んでいきたいと思います。

 本校の教育活動へのご協力をよろしくお願いいたします。

最近の写真

  • Img_0095
  • Img_0092
  • Img_0091
  • Img_0087
  • Img_0084
  • Img_0082
  • Img_0081
  • Img_0075
  • Img_0071
  • Img_0069
  • Img_0068
  • Img_0067

毛野南小学校